綺麗と質素

綺麗に質素に、おだやかに暮らしたい人のブログ

【植物】多幸の木「ガジュマル」と暮らす

f:id:kirei-shisso:20170919005153j:plain

 去年の11月、某100円ショップの園芸コーナーの一番下に、ハダニにおかされ弱ったガジュマルを見つけたので、購入しました。

2017年の成長具合

 植え替えて様子を見ましたが、一冬まったく変化せず。

 しかし、春になると少しずつ芽吹きはじめ、夏を終えたガジュマルは…

f:id:kirei-shisso:20170919005851j:plain

 (向かって右)ぐんぐん成長して、ハダニも克服してくれました!梅雨と夏の湿度で、可愛らしい気根も伸ばしました。

 素敵な陶器鉢を見つけたので、再度植え替えを行っています。

そもそも、ガジュマルとは

 クワ科の植物で、個性ある可愛らしい樹形が特徴です。「多幸の木」「精霊が宿る木」などとも呼ばれ、外国でも縁起の良い木とされます。

 幹から気根(根っこ)を地面に向けて伸ばし、それが肥大した姿はとても神々しく感じます。

f:id:kirei-shisso:20170919012109j:plain

 ハワイにはあちこちに大きいものが生えていました。こちらはアラモアナビーチパークで撮影したものです。

はじめて育ててみた感想

 育て方は簡単で、暖かくなると一気に元気になりました。基本は、春~秋「乾いたら、水をたっぷりやる」冬「他の季節より水やりをひかえる」。

 耐陰性があり、部屋のレース越しの日光でも育つのがグッド。

 お気に入りの鉢を用意すれば、インテリアとしても優秀なアイテムになります。室内で愛でたり、日光浴させたり、かなり愛着が湧いて可愛くてたまりません。

樹形について、選び方のコツ

 幹に見える特徴的な樹形…実はこれ、元は地中の「根」だった部分です。地面から掘り出し、根の一部を地上に露出させ葉を出させたもので、この部分を地上に露出させた状態では肥大しにくいとのことです。

 成長に期待せず、最初からお気に入りの一鉢を見つけることをお勧めします。

来年の目標

 今年は弱っていたので、特に剪定をせず育てましたが、来年は樹形や葉の付き方を整えて育てていきたいと思います。今後定期的に成長記録をつけたいとおもっています。

 

f:id:kirei-shisso:20170915103237p:plain
シンプルインテリア<<洗練されたインテリアがたくさん!
シンプルライフ<<生活の中の新しい気づきをいただいています。

ランキングに参加しています。クリックで応援いただけると、嬉しいです!