綺麗と質素

綺麗に質素に、おだやかに暮らす。

【インテリア】割れない照明を探して~地震の経験から~

 今のところに引っ越した際、社宅の為照明類がなかったので、買うことなりました。

 色々こだわってみたいと思ったのですが、「割れる素材の照明」にトラウマがあるので、結局割れない事を最優先に選ぶ事にしました。

リビング

f:id:kirei-shisso:20170921073016j:plain

リビングは、コイズミの木枠の照明。

本当は、無印の台形で木枠のシーリングライトに憧れたのですが、予算オーバーだったので半額程度のこちらにしました。

調光も細かくできるし、インテリアに意外としっくりときて気に入っています!

和室

f:id:kirei-shisso:20170921065744j:plain

ニトリのめっちゃ安い和紙のペンダントライト。

値段が値段なので「もっとしょぼいかな~」と思ったら、全然良い品でした。まさに和室にぴったりで、柔らかい光に癒されます。

寝室

f:id:kirei-shisso:20171022013714j:plain

これもニトリのやっすいの。プラスチックのような軽い素材です。

子どもの時の、地震のトラウマ

新潟出身の為、中越地震や中越沖地震を体験しています。

実家の玄関は吹き抜けで、大きなガラス製ペンダントライトが3つ吊るしてあるのですが、地震の際は振り子のように揺れて、ぶつかり、今にも割れてふってきそうでした。2階からペンダントライトに手が届くので、ぶつからないよう手で紐を掴んで事なきを得たのですが…。

もし避難が必要なとき、玄関がガラスの破片だらけだったら…。

靴の中にガラスが入っていたら…。

当時、子どもながら「なんでこんな危ない物を、お洒落だからって選んだの!」と、親に思ったんです。

「寝てるときに、寝室の陶器のライトが頭に落ちてきたら…」「リビングがガラスの破片だらけになって、足を怪我したら…」などなど。考えだしたら、きりがないんですが。今となっては「別に大丈夫じゃない?」という気持ちもありますが、子供の頃の恐怖や感性を優先に、無難な物でまとめました。

 

日本のような大きな地震が多い国では、割れる素材はあっていないかもしれませんね。割れない素材の素敵な照明が増えて欲しいものです。

 

↓記事が参考になったら、クリックして頂けると嬉しいです!

f:id:kirei-shisso:20170915103237p:plain
シンプルインテリア<<洗練されたインテリアがたくさん!
シンプルライフ<<生活の中の新しい気づきをいただいています。