綺麗と質素

綺麗に質素に、おだやかに暮らしたい人のブログ

鎮静剤で苦しくない胃カメラを受けた体験談

f:id:kirei-shisso:20170913152301j:plain

かれこれ3~4カ月ずっと胃に痛みを感じていました。

ズーンと重いというか、しくしく痛むというか、激痛ではないけど、眠れないくらい、子の世話がハードすぎるくらいには痛い。近所の医者に通って、授乳中でも飲める薬を出してもらったけどなかなか良くならず。

「やばい病気では?」と不安になったものの、昔受けた経口胃カメラがトラウマで、検査は二の足を踏んでいました。しかし、思い切って鎮静剤を使う「苦しくない胃カメラ(内視鏡)」を受けられるクリニックで胃カメラを受けてきました。

鎮静剤を使う苦しくない胃カメラは本当に苦しくないのか

結論。全然苦しくない。びっくりした。

以下、苦しくない胃カメラ(経鼻)の体験談です。

胃カメラ当日の流れ

私が受けた胃カメラの一例です。病院によって違うと思うので、飽くまで参考までに。

前日21時から絶食(水やお茶はOK)

11:00 受付。経口か経鼻か希望を聞かれ、経鼻と伝える。

11:10 血圧を測ってもらう

11:15 薬を入れるためのルート?をとる

11:20 鼻腔を広げる薬?を吸う(あんまり苦しくない)
   鼻腔の麻酔剤を吸う(甘いジェルのような、おえっとなる)
   鼻から喉にかけて痺れている感じに。そのまま処置室へ。

11:30 横になって待っていると、お医者さん登場。
   「鎮静剤打つねー。この前、薬出したけど胃痛どう?」
   「少しマシになったけど、まだ痛いです」
   「そっか。授乳は完全に終わってるんだよね?(注射打ちつつ)」
   「はい」
   「前の受診時にもそういってたねえ」

12:10「〇〇さん、終わりましたよ!」の声で起きる。
   なにも覚えてないのに気づいたら終わっててポカーン。どこも痛くない。
   鎮静剤が効いててふらふらなので、支えてもらいながらベッドに移動。
   40分くらい休憩。うとうとする。

13:20 お医者さんから結果を聞く。

13:30 受付で支払い。看護師さんがふらつきをチェック、帰れる状態か判断。

胃カメラを受けた感想

想像以上に苦しくなくてびっくりしました。鎮静剤を打たれた直後から30分間記憶がありません。

それをちょっと怖いと感じましたが、経口の胃カメラが本当に苦しかった記憶があるので、あれを想えば断然こっちがいいです。

ちなみに、私は逆流性食道炎+胃炎という診断でした。授乳が終わったので胃酸を抑える薬を出してもらったら、徐々に回復しています。

また次胃カメラを飲む機会があるなら、やっぱこっちを選んじゃいそうです。本当に楽でした~^^;