綺麗と質素

綺麗に質素に、おだやかに暮らす。

【インテリア】同じグレーのはずなのに…「色味」を見分けるむずかしさ

インテリアを選ぶとき、デザインを気にするのは勿論ですが、

それよりも「色味」「コントラスト」を気にして購入する事が多くあります。

 失敗をしてしまったので、今回は「色味」について書きたいと思います。

 

みんなグレーだけど、ちょっと違う

引っ越してきて様々な家具を選んでいるなかで、

今回「グレー」という色を判別する難しさに、心が折れそうになりました。

 

f:id:kirei-shisso:20170920063738j:plain

まずこちらが、現在のダイニングテーブル。

ニトリの「オーランド」という、ホワイトオークを使用してるというシリーズです。

 

ランチョンマット、ファブリック、かかっているカーディガンに、

「グレー」の要素があるのがお分かりになると思います。

 

でもなんだか色味に統一感がない…と感じませんか?

写真を画像編集ソフトのスポイト機能で色を拾っていくと、各グレーの傾向が見えてきます。

 

ランチョンマット…イエロ~グリーン

チェアファブリック…ブルー

カーディガン…ブルー(やや彩度高め)

 

試しに、グレーの彩度下げて、3つを似た色合いのグレーに調整してみました。

f:id:kirei-shisso:20170920070243j:plain

さっきよりはグレーに統一感が出たと思います。

グレーに見えても、実は色々なグレーがあるんですね。

(グレーに限らずすべての色に言える事でもありますが。)

 

同じ色味で揃えないと…

f:id:kirei-shisso:20170914091004j:plain

うちはカーテンとソファも「イエロー系グレー」。床材もグレーがかったイエロー。

イエローの反対色はブルーですから、

「イエロー系」中心の空間の中で「ブルーグレー」はブルーが強調されて見えます。

私には、ダイニングチェアのファブリックだけインディゴブルーに見えます。

 

照明の光の影響も

店頭で購入したのですが、売り場の照明が電球色(オレンジ色の光)だったので、

ファブリック部分がイエロー系のグレーに見えていました。

 

実際、うちも照明が電球色なのですが、夜間に電気をつけると、

ダイニングチェアのファブリックの色が自然光より他に馴染んで見えます。

 

気を付けないと後悔がおおきい

家具って、長く使うので、一度失敗するとショックが大きいですよね。

次からは配色カードを持参するなどして、きちんと吟味したいと思います。

 

f:id:kirei-shisso:20170915103237p:plain
シンプルインテリア<<洗練されたインテリアがたくさん!
シンプルライフ<<生活の中の新しい気づきをいただいています。

ランキングに参加しています。クリックで応援いただけると、嬉しいです!