綺麗と質素

綺麗に質素に、おだやかに暮らしたい人のブログ

【ハーブ】ハーブティーはまずい?おいしいブレンドの作り方のコツなど。

f:id:kirei-shisso:20170925095327j:plain

 

この記事では、自己流の「飲みやすいブレンドを自分でつくるコツ」を紹介します。

 

注意事項

この記事では、ハーブティーを題材に取り扱います。

ハーブはお子様や妊婦さん、疾患のある方には一部禁忌となるものがあるので注意が必要です。もし購入される場合、必ず効能を本やネットで調べて、自己責任にてご利用ください。

(個人的な)美味しいブレンドをつくるコツ

効能重視でブレンドしていくと、おいしくないブレンドになる可能性が高いです。

飲みにくいハーブは、飲みやすいハーブとブレンドすることを強くお勧めします。

「どのハーブがどんな味か」

は、一通り試してみないと分かりません。

手っ取り早くおいしいブレンドを知りたいならば、en-herbなどの店頭でブレンドしてもらうといいでしょう。

初回だけ購入して飲みやすいハーブの組み合わせが分かったら、次回は同じ内容でセルフブレンドすることで、コスパが良く飲みやすいブレンドハーブティーが作れます

 

各種ハーブの味に関して、分かりやすい傾向としては、

「花は飲みやすい」「草は苦い」

というイメージを持ってもらえればいいと思います。

しかし使い方を間違えると強烈な味になる花、クセのない草もあるんです。

なので、この記事では個人的に、

「ほぼハズレなく飲みやすいもの」

「よく使われているけど、使い方によってはクセが強い!」

というものを紹介したいと思います。

要注意編

f:id:kirei-shisso:20180105170718j:plain

ハイビスカス

ハーブティーは鮮やかな赤色になり、爽やかな酸味があります。

しかしハーブの量が多すぎ、または抽出時間が長すぎると、渋さを伴う強烈な酸味が発生する、扱いが難しいハーブの代表です。

見た目に華やかさが出る為かよくブレンドされているのですが、割合が多すぎて脳天突き抜ける程すっぱいものに出くわします。

正直いって、これでハーブティー嫌いになる人も多いのでは(^^;)

ハイビスカスは「少量」または「短時間抽出」がおすすめです。

上手にできれば、とっても美味しく飲めて他のハーブの飲みにくさを緩和する効果もありますよ。

ミント類

スペアミント、ペパーミント等。ご存知の通りすーすーするハーブです。

とっても爽やかですが、ハイビスカスと同じで強烈な味になったりしますので、ブレンドの場合は悪さしないように少量、短時間抽出

上手に使えば他のハーブの飲みにくさを緩和する効果も。

ステビア

ステビアは一見普通の緑色の草ですが、天然の甘味料として飲料などに使われている甘い味のハーブです。

驚くほど甘いです。入れすぎると飲むと気持ち悪くなるくらい甘くなります。

1杯に対して、1㎝程度ちぎって入れれば個人的には十分甘いです。

調整が難しく、わたしは甘くしたいときはハチミツを使うことにしました。

ラベンダー

香りが強いので大量に入れるとラベンダーが前面に押し出した香りになります。

そのため、少量だけ入れる事をお勧めします。リラックス効果は抜群。

飲みやすい、効能が良いのに味がない編

ローズ

花びら状(ペタル)、つぼみ状(バッツ)、レッドローズ、ピンクローズなどあります。

柔らかなローズの香り、味もクセがなくやや酸味・渋みがあり、お茶として飲みやすいハーブです。どう使ってもクセがでにくく、どんなブレンドにも馴染むのでとてもおすすめ。

ドライの状態では花の色が鮮やかですが、ハーブティーは茶色っぽくなります。

紅茶と一緒に抽出いて、ローズティーにするのもかなりおすすめ。

ローズヒップ

ビタミンCの爆弾と呼ばれるローズヒップの実です。

そのまま乾燥させたもの、粉砕した細かい物・粉末状があります。

僅かに酸っぱさを感じる程度で、味は強くありません。効能も良く、飲みやすいです。

ネトルリーフ

葉っぱのハーブですが、強い味がありません。

嫌味のない草の味・香り。個人的にはアレルギー体質なので愛飲しています。

カモミール・ジャーマン

リラックス効果があるハーブ。花なので穏やかな甘い香り、味がします。

ただこの味が苦手な人もいるかもしれません。

濃く出してミルクティーにすると、とってもリラックスできて美味しいです。

ダンデリオン

たんぽぽの根です。ミルにかけて焙煎するとたんぽぽコーヒーになります。

まったりとしたやや甘い味がします。

ラズベリーリーフ

葉っぱですが、少し甘い香りがして、強いクセがありません。

ミルクシスル

種子状のハーブ。味がかなり薄く、クセがありません。

肝臓に効果があるので美容目的にブレンドしています。

硬いので、ミルで砕いて抽出するとより効果的です。

ヒース

シソのような微かな香り・味がしますが、かなり薄いです。

アルブチンが含まれるため、美白効果を期待してブレンドしています。

 

 個人的にこの8種類はどれをどうブレンドしても、クセがなく仕上がると思っています。唯一カモミールだけクセが強いかも。(ほんとうに個人的な意見ですが)

面白編

マロウブルー

マロウと呼ばれる青い花です。ハーブティーは花と同じ真っ青に。

酸に反応するので、レモンを入れるとピンク色に変化します。

カルピスを割ったりして楽しめます。味はクセがなく、やや味が薄めです。

保存方法

f:id:kirei-shisso:20170925074221j:plain

 湿気、日光が良くありません。可能であれば密封パックで冷蔵庫保存が一番。

 私はブレンドしたものを100円のガラス容器に入れて、キッチンの日が当たらないところに置いています。

ブレンドしてこの瓶に入れたら、1か月~2か月以内に飲み切ります。

在庫のシングルは、密封して冷暗所保存。

購入しているところ&買った本

カフェ・ド・サボンさん

 手作り石鹸の器材やハーブを取り扱ってらっしゃいます。一部オーガニックの商品も

 e-ティザーヌさん

 シングル、ブレンド、器具もかなり種類豊富。ハーブの苗の取り扱いも。

 ~購入した書籍~

最終更新:2017.01.05