綺麗と質素

綺麗に質素に、おだやかに暮らしたい人のブログ

カーテンの房掛けがいらない、セリアのマグネットタッセル

賃貸って、大抵カーテンの房掛けついてないですよね…つけてくれたらいいのに。

社宅の我が家にもありません。極力ビスや粘着テープで壁を傷めたくなくて(退去する時クロス張替えはすると思うものの)、カーテンをどうやってまとめるか悩んでいました。

紐式のお洒落なカーテンタッセルもいいかなと思ったのですが、使わない時どこに置いておこう?という悩みがありまして…。

そこで、セリアの「マグネットカーテンタッセル」なるものを購入してみました。

セリアのマグネット式カーテンタッセル

f:id:kirei-shisso:20180730094636j:plain

こんなアイテムです。1本108円。なぜ英文を入れてしまうのか(・_・)

ボタンの部分の裏がマグネット式になっているので、タッセルを使わない時は、

f:id:kirei-shisso:20180730094810j:plain

こんな風にカーテンにつけておくことができます。

裏側にマグネットで止めれば、表側から見えないようにすることも可能です。

f:id:kirei-shisso:20180730095030j:plain

これがカーテンをまとめてみたところ。

マグネット式カーテンタッセルのメリット・デメリット

実際に使ってみて思った、メリット・デメリットを書き出してみます。

メリット

  • 房掛け不要なので、ビスや粘着テープで汚す心配がない
  • 房掛けがなくても、カーテンにつけておける

デメリット

  • 少し面倒くさい
  • きれいにまとまりにくい
  • 商品が少なく選択肢が少ない
  • 意識しないと、左右で高さが合わない

実際に使ってみた感想

うーん、正直なところ、素直に房掛けつけちゃおうかな…という気分になりました。

うちのカーテンは、生地が硬い・やや厚い・一応形状記憶のため、とにかくきれいにまとめるのにひと手間かかります。

このタッセルに手を加えて、ハンドメイドで使いやすくすれば解決するかな。

もうちょっと試行錯誤してみます!