綺麗と質素

綺麗に質素に、おだやかに暮らしたい人のブログ

joie(ジョイー)のベビーカー「ライトトラックス」とトラベルシステム

ベビーカーは出産後に買う予定でしたが、

「産後ってしんどいらしいし、早めに買ってしまっていいんじゃない?」

と夫に言われたので、出産前に買ってしまいました。

購入したのは、joie(ジョイー)のLite Trax(ライトトラックス)。ベビーシートのjuva(ジュバ)を抱き合わせてセット購入しました。

ジョイー「ライトトラックス」はリーズナブルな3輪ベビーカー

f:id:kirei-shisso:20180911123758j:plain

joie(ジョイー)はイギリスのブランド。日本ではカトージが代理店です。

いろいろなタイプのベビーカーがありますが、3輪を選んだのは、小回りが利くこと、そしてカッコイイという理由。

3輪だとエアバギーが有名ですね。当初はエアバギーも検討しましたが、6万~8万円などと値段が高め。

一方で、ジョイーのライトトラックスは19,800円〜

やすっ!

安すぎて心配なので、夫と豊洲ららぽーとのカトージ実店舗まで足を運び、実物を見てきました。別に安っぽくもないし、しっかりした作り。小回りもばっちり。ワンタッチで畳める。見た目もカッコイイ。

これでいいじゃん!となりました。

ライトトラックスのメリット/デメリット

まず、ライトトラックスには2種類あります。(2018年9月現在)

  • 後輪がノーパンクタイヤのもの(19,800円)
  • 後輪がエアタイヤのもの(32,184円)→ライトトラックス・エアー

店員さん曰く、タイヤが違うだけとのこと。

うちはベビーカーの利用頻度が高くなく、舗装された道路での使用が主なので、リーズナブルなノーパンクタイヤの方にしました。

メリット

  • デザインや機能の割に安価
  • 3輪なので小回りがすごく利く
  • トラベルシステムに対応
  • ベビーシートがあれば新生児から使える
  • 改札を通れる幅(53cm)
  • 2秒で畳めて、自立する
  • 一応対面式にもできる

デメリット

  • 重い(9kgオーバー)

重い以外デメリットがないような。

私と赤ちゃんだけでのお出かけは、徒歩圏内のスーパーや公園、病院だけかなと思っています。遠出する時は夫と行動するので、重さに関しては大丈夫でしょう。

チャイルドシートやバウンサーになるjuva(ジュバ)

f:id:kirei-shisso:20180911124455j:plain

ベビーカーと抱き合わせで買ったのが、こちらのベビーシート。

(白黒リボン柄のマルチシートは別途購入したもの。わかりやすいようダッフィーを乗せてます)

新生児~1歳半まで使えて、1台で4役をこなすすごいやつ。

  • チャイルドシート
  • ベビーキャリー
  • バウンサー
  • ローチェア

車ではチャイルドシートとして使い、そのまま取り外してベビーキャリーとして赤ちゃんの移動ができます。ベビーカーにドッキングもワンタッチで簡単です。

床に置けばゆらゆら揺れるバウンサー、固定すればローチェアとしても。

うちはチャイルドシートの使用頻度は高くないので(そもそも車を持ってない/義実家の送迎でたまに乗せてもらう程度)、バウンサーなど自宅でも使えるこちらのアイテムは非常に魅力的でした。

f:id:kirei-shisso:20180911124753j:plain

こんな風に、ベビーカーとドッキングすることで、ベビーカーを対面式としてつかうことができます。

ワンタッチで装着+ベビーカーについているベルトで固定と、簡単に着脱できます。

f:id:kirei-shisso:20180911125150j:plain

日よけを広げてもお顔が見えます。通気性もよさそうです。

f:id:kirei-shisso:20180911125213j:plain

カーキ色も相まって、なんかすごく強そう。

気になったことなど

その他、特に気になった点などを書いていきます。

とにかく重い(9.3㎏)

走行性能の良い3輪の弱点。それは重いこと。

どの3輪も大体9㎏くらいします。

女性ひとりで赤ちゃんを抱っこして、折りたたんだ3輪ベビーカーを持って階段を上る・下りる…というのは不可能、あるいは危険すぎます。男性でも相当きついし危ない。

ふたり行動か、エレベーターが確実にある環境で使う必要があります。

日本の駅の改札を通れる幅(54cm)

海外製ベビーカーの横幅はやや大きめ。なので、日本の標準的な駅の改札(約55cm)を通過できないサイズのものが割とあります(駅員さんがいる窓口近くの、広い改札は通れます)。

でもライトトラックスの場合、日本特別仕様として改札を通れるサイズで作られているんです。

オリジナル(海外版)のライトトラックスの幅は59㎝なのに対し、日本版ライトトラックスは54㎝。都市部住みにとってはかなり重要なポイントです。

折り畳みがすごく簡単、自立するけどちょっと不安定

f:id:kirei-shisso:20180911131356j:plain

座面についているヒモ?を引くと、あっという間に折りたためます

こんな風に自立もします。キャリーみたいに後ろに引いて歩くことも可能。

とは言え、重量があるためか、自立が不安定かな~と感じます。

ライトトラックスを、とにかく安く買う!

ポイント還元でいいからとにかく安く買おうと、楽天で1カ月ウォッチングしていました笑

  • ライトトラックス+ジュバのセットで割引(税抜34,600円が27,680円に)
  • ポイント20倍→5,978ポイント
  • SPUプログラムでポイント4倍→1,195ポイント
  • カードポイント1倍→294ポイント

購入価格:29,894円

ポイント:7,469円分

差し引き:22,427円

 

楽天スーパーセール中に買おうと思ってたんですが、カトージの楽天店舗がポイント20倍をやっていたので、セールを待たずに買いました。

リーズナブルな3輪ベビーカーが欲しい方には、特におすすめできる商品だと思います!