綺麗と質素

綺麗に質素に、おだやかに暮らしたい人のブログ

【家電】除湿機は買って良かったものNo.1。使い方4例。

f:id:kirei-shisso:20170929115052j:plain

 先日、脱衣所に除湿機を常駐させてると書きました。

www.kirei-shisso.com

除湿機は、私の人生の中で買って良かったものNo.1です。

買う時は買うかどうかすごく悩んで、口コミや評判を検索する毎日でした。

でも、結果的に本当に買って良かった。今や除湿機なしの生活は想像できないくらい。

我が家では除湿機を使うのは脱衣所が多いので、常に脱衣所に置いてあります。

f:id:kirei-shisso:20171004095420j:plain

是非この便利さを伝えたく、除湿器に関する記事を書いてみました。

うちでの使い道(コンプレッサー式)

まずは、実際にどんな用途で活躍しているかご紹介します。

部屋の除湿

夏場や梅雨、エアコンでの除湿が追い付かないときに使っています。

とはいえ、コンプレッサー式は音が大きいので、リビングなどでは滅多に使いません。

浴室・脱衣所の乾燥

これが目的で購入しました。

マンションの窓がない浴室・脱衣所はどうも湿気がこもりがちです。

でも除湿機があれば2時間タイマーで脱衣所も浴室も十分乾燥します。お陰でカビ知らず。

洗濯物の乾燥

梅雨の洗濯にも大活躍します。

洗濯物を浴室に干して、サーキュレーターと一緒に除湿機をつければ4-6時間で完全に乾きます。コンプレッサー式はうるさいですが、電気代は安いので、毎日数時間つけても電気代はそんなにかかりません。

季節問わず、部屋干し臭と無縁で快適です。

押し入れ・クローゼットの乾燥

夏場どうしても湿気がこもりがちですが、これも除湿器の風を当てることでカラカラに。

 

除湿機の種類と特徴

除湿機を選ぶ際、いろいろ種類があって迷ってしまいますよね。

そこで、簡単に選び方をまとめてみました。

除湿機は、大まかに

  • コンプレッサー式
  • デシカント式
  • ハイブリット式

の3種類に分かれます。簡単にメリット・デメリットを記載したのでぜひ参考にしてください。ちなみに、うちのはコンプレッサー式です。

コンプレッサー式

〇除湿量が多い

〇ランニングコストが安い

×音・振動が大きめ

×低温時の除湿が苦手

デシカント式

〇低温時の除湿が得意

〇本体が軽い

×ランニングコストが高い

×部屋の温度上昇幅が大きい

ハイブリット式

〇コンプレッサー、デシカント式のいいとこどり

×高価

 

参照先:

www.mitsubishielectric.co.jp

 

実際に使ってみた口コミ・感想(コンプレッサー式)

うちで使っているものは、アイリスオーヤマのEJC-65Nです。

2013年に購入しました。8年経った今も現在も稼働率が高く、現役で使用しています。

電気代について

ランニングコストが安いコンプレッサー式を選んだせいか、特に電気代が高く感じた事がありません。

浴室についている乾燥機を使っていた時の方が、電気代が増えたのを感じました。

アイリスオーヤマのEJC-65Nの購入ページには、1時間に5円という記載があります。

騒音について

正直、結構うるさいです。寝る時に寝室でつかうようなものではありません。

除湿力と除湿時間について

我が家の場合、

  • 浴室乾燥→2時間
  • 洗濯物乾燥→4~6時間

で完璧に乾かしてくれます。カビや部屋干し臭とは無縁です。

扇風機やサーキュレーターと一緒に使えばもっと早く乾きます。

 

↑最近は、サーキュレーターと除湿機が一体化した超便利そうなものも出ています。

次はこれを買おうかなと検討中。

 

↑こちらは、我が家の除湿機の後継品。もう8年経つので、除湿力や音の大きさなど、前よりも格段によくなっているかもしれませんね。

除湿機は実用性があり、値段も安く、本当に買って良かったなと思います。

お風呂のカビや、部屋干し臭に悩んでいる方には、是非試してほしい家電No.1です。

 

↓記事が参考になったら、クリックして頂けると嬉しいです!

f:id:kirei-shisso:20170915103237p:plain
シンプルインテリア<<洗練されたインテリアがたくさん!
シンプルライフ<<生活の中の新しい気づきをいただいています。